<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
        

 1.はじめに 2.『無呼吸症候群』って知ってる? 3.息がとまる 4.思い込み 5.本当の怖さ 6.きっかけ
 7.無呼吸症候群はこういう病気 8.無呼吸症候群はこういう病気 9.無呼吸症候群はこういう病気
 10.お願いがあります 11.検査ってどんなの? 12.検査ってどんなの? 13.検査ってどんなの?
 14.CPAPについて 15.CPAPについて 16.CPAPについて


 その他、「SAS日記」もよろしくです!

                 

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2010.03.27 Saturday

アルクアラウンド

 
いいよーいいよー サカナクション

この曲、スルメ曲だね。聞けば聞くほどよくなる。

PVも何度もリピートしたくなる。

2010.03.09 Tuesday

これはいいクラッシック

 
ピアノソナタ

食品CMのwwww


これは天才と言わざるを得ない



2009.09.30 Wednesday

Rusty Nail



最近、ヘビメタのギター

ピロピロピロピロ


がたまらなくなって、この歳で「メロスピ」にハマりだすw

で、「DragonLand」という海外のバンドが「X-JAPAN」の「Rusty Nail」をカバーした曲をなぜかブログに貼りたくなりました。

外人とは思えぬ発音。さすがにギターかっこよす。

↓ではどうぞ
続きを読む >>

2009.05.31 Sunday

VOCALOID


最近、21世紀らしくなってきたなぁ。なんて少し思ったりします。

宇宙ステーションも出来たでしょ。あと、100年もすればスペースコロニーが出来るに違いないw

有機ELのおかげで、「ポスターのような本当の壁掛けテレビ」も夢じゃなくなってるし。

リアルなロボット「ヒューマノイドロボット」の開発もどんどん進んでる。
この間は、女性型ヒューマノイド「HRP-4C」なんてのも発表されたし。

そんで、最近なにかしら盛り上がってるっぽいのが「VOCALOID(ボーカロイド)」というもの。

今さらながら軽く説明しますと、ヤマハが開発したコンピューターでの音声合成技術のことですね。

サンプリングした人の声をもとに歌詞やメロディーを入力することで、PCで歌声を作成するのですよ。

音声合成というと、いかにも機械的な声でしたけど、このVOCALOIDで作成した歌声は、作者の腕しだいでは、まるで人が歌っているかのように、自然な感じになるのです。

これを一躍有名にしたのが、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社という札幌の会社が発売した「初音ミク(はつねみく)」というソフト。

サンプリング元の人にアニメの声優さんを起用し、ただの合成音声ではなく「初音ミク」というキャラクラー設定をしたために、人気に火が付きました。
その後、「鏡音リン・レン(かがみねりん・れん)」や「巡音ルカ(めぐりねるか)」などの続編も発売されています。他の会社から、Gacktの声をサンプリングした「がくっぽいど」というソフトも発売されてますね。

もともと、これらはPC上で音楽を作成するDTM(デスクトップミュージック)制作のために作られたソフトで、自分が作った曲をこのバーチャルアイドル達に歌わせることで、まるでプロデューサーになった気分になれるのですね。

これらの作成された曲は、ニコ動などの動画サイトに頻繁に投稿され、今や新しい音楽市場になりつつあります。

動画サイトにおいて人気のある曲を集めたCDも続々と発売されていますね

こういう才能を発掘する場としてインターネットやコンピューターが役立つ時代こそ、21世紀だなぁ、と感心せざるを得ないのです。

SFアニメの世界だった、「バーチャルアイドル」が現実味を帯びてきたわけです。

もう、ここまで来たんですね。なんだか感慨深いものがあります。

せっかくなので、ニコ動から3つほど貼り付けておきましょ。
 
 
続きを読む >>

2009.05.01 Friday

DAM★とも

 
いよいよ、GWですな。

あべっちは、一昨日からお休みを頂いております。
今日は、嫁ちゃんが昼から美容室に行くとの事。

美容室はいつも4〜5時間かかる。大変だね、女の人は。
 
さて、ではおいらは何をしていよう・・・。
せっかくの休みだしねぇ。。


よし、1人カラオケだww  \(^o^)/
 

というわけで、なぜか勢いで初の一人カラオケ。

いつものシダックスの西岡クラブへ。
久々に来たら、セルフサービスのジュースが無料になってた。
結構前からなの?それともGW限定??
今後もずっとならうれしいんだけど。

なんで一人カラオケしてみたくなったか、といいますとね、
DAMには「DAM★とも」という、カラオケファンのコミュニティサイトのようなものがあるんですよ。
 
DAM★ともの機能で「カラオケを録音してネットで公開する」ことが出来るわけです。
基本、そのコミュニティ内で録音を聴きあったりするわけで、気に入った方がいれば、相手にリクエストも出来るわけです。

なんと、ブログでも公開できるとの事なので、なんだか面白そうだなと、おいらも「DAM★とも」に加入したわけです。
 
録音できるとなれば、試してみたくなるのが人情ってものww

というわけで、なんだかんだと録音していたわけです。


(;´Д`)「ぼぇ〜〜」  っと。


で、家に帰って、PCから聴き直してみる。


(;´Д`)「・・・・・・・」 ←自分の歌声を聴いて現実に引き戻されている図


 
うん、公開なんて大それたこと出来るわけないじゃん。
 
 

2009.04.20 Monday

鼻が痛い夜は

 
結局、畜膿の治りが悪く、まだ薬のみまくりのあべっちです。

あー頭いてぇ。。


で、なぜかちょっぴりブルーな気分の時に妙に聴きたくなる曲があります。


ビリージョエルの オネスティ


何故かは自分でも分かりませんw

洋楽にはとんとご縁のないおいらですが、なぜかこの曲をヘッドホンで聴きたくなるぅ〜


というわけで、畜膿さんのせいで、今はそんな気分なので、みなさん一緒に聞きましょう〜


(;´Д`) ・・・・ジーン



続きを読む >>

2009.04.04 Saturday

清竜人

清 竜人
¥ 2,100
(2009-03-25)

 
春だからといっても、まだ北海道は桜も咲いていません。
だんだん暖かくなってきましたけどね。

そんな北海道で桜色のジャケットのCDを取り上げてみようかと。

もう結構有名なんだよね? 「清竜人」(きよしりゅうじん)

デビューシングル「Morning Sun」がCMで使われてたり、CSでプッシュされております。

独特な高音なハスキーボイスでいて儚く優しい歌声。
英語の発音も自然な感じで聴きやすい。その代わりというか日本語は独特な言い回しで聴きとりにくいけどw

音楽はもろ自分好みですなぁ。。センスのよさを感じます。

CSでこの「Morning Sun」がかかってからずっと気になりましてね。
アルバムも買ってしまったというわけ。

彼はまだ10代なんですな。アルバムを聴いて思いましたが、歌詞は若い視点から世間の歪みや矛盾を素直についた秀作となっております。
まあ、全般的に落ち着いた感じの曲が多く、盛り上がりたい時に聞くには不向きですけどねw
ヘッドフォンでじっくり聞くのをおすすめ。

しかも安い! CDで2,100円、iTunesだと1,200円ですよ。

おいらは「悲システム(かなしすてむ)」という曲が好きですよっと。

で、この人のプロフィールを見て、またビックリ。

【公式サイトより】

1989年5月27日生まれ。大阪府出身
15歳が終わろうとしていた春、彼は親戚の叔母さんがゴミ捨て場から拾ってきたギターを貰い、オリジナル曲を作り始める。
16歳の夏、対バン相手から「自主制作音源はないんですか?」と訊かれ、自主制作でCDが作れることを初めて知る。バイトで稼いだ7万円で制作した音源は、後にたくさんの業界関係者の耳に留まり、彼の人生を変えていくことになる。
17歳の夏、全国高校生バンド選手権「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2006」に出場し、見事グランプリを受賞、副賞として同年のROCK IN JAPAN FESへの出場を果たす。
18歳の誕生日の2日前、初めて東京でライブを行う。噂を聞きつけた20社以上の音楽関係者が詰めかけ、彼をめぐっての争奪戦が白熱する。
18歳の冬、高校を自主退学。音楽家として生きていくことを決意する。
ほどなくして映画「僕の彼女はサイボーグ」への挿入歌の依頼が舞い込む。彼のデモテープを聴いたクァク・ジョヨン監督(「猟奇的な彼女」)自身からの異例とも言えるオファーであった。
19歳の誕生日を迎えてすぐ、本格的なレコーディングを開始。
そして10代最後の春、デビュー。
いよいよ彼の音楽が響き始める。



・・・なんだ、ただの天才か・・  (・ω・)


では例によってニコ動をどうぞ。



続きを読む >>

2008.11.13 Thursday

時代のせいにして

 
今日、iTunesで泉谷しげるの曲買ったです。

「すべて時代のせいにして」

これ最高、やばい、泣ける。

強さと優しさが同居したような曲。

久々に心が震えました。

【↓音出ます・・・重いかも】

2008.05.05 Monday

Perfume

 
Perfume(パヒューム)

加工された歌声や独特な振り付けなどが話題を呼んだアイドル3人組のテクノポップユニットです。
「ポリリズム」がヒットして有名になりましたね。

1年くらい前にCSの音楽番組で見かけて以来、気になっていたのですが、いまさらアイドルかよ。という照れにも似た感情に邪魔され、知らないふりをしていた昨今。
 
この間、PerfumeのPVがTVで流れていた時に、嫁ちゃんに

(;´Д`) 「・・・・これのファンになろうかな・・」

J( 'A`)し  「えっ!!」

と驚かれつつも、嫁ちゃんも興味をもったようなので、晴れてCDを購入。
 
Perfume~Complete Best~(DVD付)
Perfume 徳間ジャパンコミュニケーションズ (2007-02-14)売り上げランキング: 6


GAME
GAME
posted with amazlet at 08.05.05
Perfume 徳間ジャパンコミュニケーションズ (2008-04-16)売り上げランキング: 8


「Perfume~Complete Best」「GAME」 怒涛の2枚買い。

(単に、「GAME」を買おうとして間違ってComplete Bestを買ってしまっただけ orz)

CDを聞いてみると、なんかねぇ。テクノポップな音楽が結構好きみたい。おいら。
嫁ちゃんも「電気グルーヴ」とか好きなので、気にいった様子。

同じようにテクノ好きな、いわゆる「YMO世代」と言われている方々の支持も受けているようす。
amazonのレビューでは結構高齢な方のレビューも目にとまります。

普通のアイドルグループとは、ちょっと違った魅力のあるPerfume。今ノリにノッていますからね。
今後も注目していきますよ。
 
ただ、ファンクラブには入れんなぁ・・・。 (´ー`)

《参考》 wikipedia


youtubeから「ポリリズム」のPVと、おいらのお気に入りの「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」のLIVE映像を下に貼り付けておきます。
続きを読む >>

2008.03.31 Monday

さざなみOTR 札幌

 
えー、ただでさえ重い体をおもいっきり引きずりながらスピッツに思いを馳せてコンサートへ行ってきましたよ。

なんかねぇ、おいらお疲れモードなんですよ。体力なし。
今日も外出直前まで寝てるしまつ。ああ、スピッツが待っているというのに(いや待っていない)

さて、札幌厚生年金会館で行われた、「さざなみOTR in札幌」
今回のツアーは前半・後半に分かれているらしいのですが、今日はその前半戦の最終日だったのです。

おいらはスピッツのコンサートは初めての経験。
どんなコンサートかと楽しみにしておりました。
 
なんともいい雰囲気のコンサートでしたよ。
まったりとした独特な空気感のMC。
「桜が咲くと焦る」とマサムネ氏。だからまだ咲いていない札幌は「落ち着く」んだと。
・・・・うーん、独特だw にしても、メンバー仲よさそうですね。
 
3、4曲やってはMCを入れる感じで、おいらのようなご老体にも優しいプログラムですねw盛り上がるところとしんみりするところのメリハリもでるし。
でも、今日のおいらは手拍子する体力もなく、曲に合わせてただ脂肪を揺らすのみでしたけど orz
 
家に帰ってからネットで過去のツアー報告しているブログ等を確認。ツアー本編の曲目や曲順は他の所と同じようですね。
ツアー前半戦最終日だから、曲順紹介してもいいよね。後半戦はどうなるのかわからんけど。
 
《以下ネタばれ》



1.僕のギター
2・不思議
3.ヒバリのこころ
4.けもの道
5.トビウオ
6.点と点
7.チェリー
8.群青
9.ルキンフォー
10.P
11.楓
12.桃
13.ネズミの進化
14.夜を駆ける
15.Na・de・Na・de ボーイ
16.スパイダー
17.8823
18.俺のすべて
19.砂漠の花
20.漣

アンコール
21.魔法のコトバ
22.恋のうた
23.空も飛べるはず


アルバム「さざなみCD」収録曲はすべて盛り込んでいただきました。
(魔法のコトバはアンコールでだけど・・)
ベースの田村さん曰く「アルバムの曲を全部入れたのは挑戦」なんだってさ。なかなか全部入れるのはないよね、と。そのあとマサムネさんに「(一般的には)普通だよね」とツッこまれてましたが。
 
おいら的には「夜を駆ける」を生で聴けるとは思っていなかったので、一番うれしかったです。
が、「スパイダー」をやるなら「青い車」も聴きたかったのはおいらだけだろうか!
まあ、そんなこと言ってたらキリないんだけどさ・・。
 
アンコールの2曲目が、おいらわかんなくてさ。
帰ってから公式HPで視聴して確認したんだけど、そういえばおいら2枚目のアルバムは聞いた事なかった。後で入手せねば。
 
締めは「空も飛べるはず」名曲ですね。
他のブログを見ると、「ロビンソン」を最後にやったところもあるらしい。

おいら的には・・・ロビンソンのほうが・・・ゴニョゴニョ
 
また来ないかな。後半戦、北海道は2公演あるとの事。札幌じゃないかもしれないけどね。
体力がある時に、ぜひとももう一回見たいです。ぜひ。
 
                         
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
               
RECOMMEND
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
スキンケア美白