<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無呼吸症候群はこういう病気 | main | 無呼吸症候群はこういう病気 >>
        

 1.はじめに 2.『無呼吸症候群』って知ってる? 3.息がとまる 4.思い込み 5.本当の怖さ 6.きっかけ
 7.無呼吸症候群はこういう病気 8.無呼吸症候群はこういう病気 9.無呼吸症候群はこういう病気
 10.お願いがあります 11.検査ってどんなの? 12.検査ってどんなの? 13.検査ってどんなの?
 14.CPAPについて 15.CPAPについて 16.CPAPについて


 その他、「SAS日記」もよろしくです!

                 

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2005.11.30 Wednesday

無呼吸症候群はこういう病気

SASには、大きくわけて3種類あります。
・閉塞型
・中枢型
・混合型

「中枢型」は脳の中枢から「呼吸しろ!」っていう指令が出ない状態になって起こります。
つまり呼吸自体しなくなってしまうのです。(((( ;゚д゚)))アワワワワ

しかし、原因として圧倒的に多いのは「閉塞型」の方です。
ここでは、「閉塞型」について、少し詳しく書きます。

閉塞型は、中枢型と違い、呼吸はしようとするのですが、いろんな原因で気道が塞がれてしまい無呼吸となってしまうものです。

閉塞の原因としてあげられるのが

・首周りの脂肪の沈着(まあいわゆる肥満ですな)

・扁桃肥大、アデノイド肥大
 (アデノイドってよくわからんが、喉のずっと奥)
 (鼻と喉のつながるあたりにあるリンパ組織。 )
 (ちょうど、のどチンコの裏側あたりで口からは)
 (見えないんだって。              )
         
・気道へ舌が落ち込む

・舌が大きい(巨舌症の場合や、肥満による舌の肥大)

・鼻が曲がっている

・顎が小さい(小顎症 日本人ではこれが原因になる割合が海外より多いみたい)


SASを解説するサイトへ行けば、図解されていますので、参考にしてください。

参考サイト
「あなたのいびきは睡眠時無呼吸症候群?」

と、いうわけで、なんかSASっていうと
「デブがなる病気だろ?、略してデブ病?」
なんて思っている人がいるかもしれないけど、

これが落とし穴です
たしかに肥満の人がなりやすいのは事実ですが、原因をみても、肥満は原因の一つにすぎないことが、よくわかると思います。

つまり、喉の組織の肥大や顎と舌の大きさのバランスも、ものすごい重要な要素になっているんです。


自分は太っていないから大丈夫

って思っていませんか?


ちなみに、「混合型」は「中枢型」から始まって「閉塞型」へ移行するパターンの患者さんだそうです。

おいらは、明らかにデブが原因だけどね!まあ扁桃腺もすごく大きいから関係あるかもだけど。
なので、他の原因で苦しんでいる方々より、ずっと金もかからず、努力(ダイエット)次第でなんとかなる。
だから、やせる努力はしなくちゃな。って思ったんです。


2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

  • 23:52
  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク
コメント
SASって… http://www.jvcmusic.co.jp/sas/ とか http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams00/sas.html のことじゃないんですね;^_^
  • けーたう
  •  - 2005/12/08 12:58 AM
けーたうさーん、こんばんわ コラコラ(笑 またマニアックなところ引っ張ってきたね〜 SAS憶えていってねー。 -----
  • あべっち
  •  - 2005/12/08 1:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
                         
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
               
RECOMMEND
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
スキンケア美白