<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カレンダー | main | オープニングナレーション >>
        

 1.はじめに 2.『無呼吸症候群』って知ってる? 3.息がとまる 4.思い込み 5.本当の怖さ 6.きっかけ
 7.無呼吸症候群はこういう病気 8.無呼吸症候群はこういう病気 9.無呼吸症候群はこういう病気
 10.お願いがあります 11.検査ってどんなの? 12.検査ってどんなの? 13.検査ってどんなの?
 14.CPAPについて 15.CPAPについて 16.CPAPについて


 その他、「SAS日記」もよろしくです!

                 

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2006.11.02 Thursday

ゆっくり歩いた

肉離れって、しつこいですなぁ。
治ったかな?と思っても、全然治ってないんですね。

体重をかけても痛くはないんですが、まだ、ふくらはぎに「ハリ」が残っています。
少し歩くと、ふくらはぎがつって来るような感覚がします。
油断してると、急に「ズキッ」ときます。

でも、どうしても歩きたくて、ほんの少しだけ歩いてみました。

ほんの1キロメートルちょっと。
大通公園の地下街を「すすきの」まで歩いたのです。

ゆっくり、ゆっくり、休みながら。

いつもなら、少し早めに歩いてますので、歩行者を追い抜きまくるんですが、今日は逆です。
ほぼ全ての人に追い抜かれていきます。
見知らぬ小学生と勝負をしながら早歩きをしていたのが、うそのようです。

ゆっくり歩くと、なにか周りと時間の流れ方がずれていくような感覚になりました。
でも・・・それがなぜか心地いい。

早く歩いていた時は、歩行者たちを「邪魔」とまで思っていました。
歩き辛いし。
今日はそんなことありません。逆に、おいらの事を「邪魔」と思った人もいたことでしょう。

地下街で菊の展覧会をやってました。地下街の中にずっと菊の鉢植を並べています。
それらを眺めながら、ゆっくり歩いてみると、歩きづらいこともないし、イライラせずに歩けました。

いつもなら、それらもろくに眺めずに歩いていたんだろうなぁ。

少し焦りすぎていたかもしれません。

たまには、ゆっくり、ぶらぶら歩くのもいいもんですね。

ああ、豊平川沿いや、いつも歩いているコースを、のんびりプラプラ歩いてみたくなりました。

早く足治っておくれ。

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

  • 23:27
  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク
コメント
あべっちさんこんにちは。 無理はダメですよ。完全に治ってからいくらでも歩けます。 菊の展覧会綺麗でしょうね、こちらも去年までは枚方の菊人形があったんですが不況で潰れてしまいました。子供の時の思い出がある遊園地がだんだん無くなっていくのが寂しいです。
  • ハレルヤ
  •  - 2006/11/04 5:52 PM
ハレルヤさん、いらっしゃい。 そうですね、無理はだめですね。 肉離れは、下手すると完治まで数ヶ月かかるそうです。最近、病院に行けないでいるんですが、そろそろどこか会社から通いやすいところ見つけようかなーなんて思ってます。 「枚方の菊人形」で実はピンとこなかったのですが、調べてわかりました。テレビでよく見る有名な菊人形ですね。これ昨年で終わっちゃったんですね・・。 ほんと、無くなって気づくものってありますよねぇ・・。 -----
  • あべっち
  •  - 2006/11/04 7:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
                         
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
               
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
スキンケア美白