<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< におい | main | 医療費控除申請 提出編 >>
        

 1.はじめに 2.『無呼吸症候群』って知ってる? 3.息がとまる 4.思い込み 5.本当の怖さ 6.きっかけ
 7.無呼吸症候群はこういう病気 8.無呼吸症候群はこういう病気 9.無呼吸症候群はこういう病気
 10.お願いがあります 11.検査ってどんなの? 12.検査ってどんなの? 13.検査ってどんなの?
 14.CPAPについて 15.CPAPについて 16.CPAPについて


 その他、「SAS日記」もよろしくです!

                 

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2007.03.12 Monday

医療費控除申請 記入編

 
前に記事に書いたとおり、先月25日に確定申告をして来ました。
 
初めての経験でしたので、ドキドキものです。
 
事前に準備をしようと、国税庁のHPでチェック。
そのサイトでは、確定申告の書類を作成する事が出来るんですね。
 
来年も多分確定申告しなきゃならんと思いますので、自分の為にも手順を記録しておきます。(最近こんなのばっかだなw)長いから興味のない方はスルーでw
 
まずは「申告書記入編」です。
 

 
用意するもの
・源泉徴収票
・医療費の領収書 
・保険金などで補てんされる金額が分かるもの
(おいらは保険金とかないので不要)
・領収書を入れる封筒
(B5かA4の封筒。税務署には明細書と一緒になった封筒がおいてある)
・通帳等口座番号のわかるもの(還付金を口座へ入金させたい場合)

関連サイト
国税庁HP
http://www.nta.go.jp/

確定申告特集・医療費控除の還付申告
http://www.nta.go.jp/h18/kakutei/iryouhi/index.htm
確定申告等作成コーナー
https://www.keisan.nta.go.jp/h18/ta_top.htm
(↑平成18年度限定ページかも・・・)

この作成コーナーから「所得税の確定申告書」→「申告書A」をクリック。
(だがしかし、医療費控除だけなら、「給与還付申告書」ってやつをクリックして作成した方が早かったりするが、この時はまだ気づかない orz)

1.生年月日入力
その後、「申告書A」のイメージで入力画面が表示されます。

2.「収入金額等」の入力
「収入金額等」の「給与」欄をクリック。源泉徴収票の内容を転載。
すると、申告書の関係個所に自動的に計算し入力されます。

3.「所得から差し引かれる金額」の入力
「所得から差し引かれる金額」の「(6)〜(15)までの合計」が源泉徴収票の「所得控除の額の合計」とイコールにならないといけないのです。
イコールにするために、各項目をクリックし入力。
(6)社会保険料控除(8)生命保険料控除(9)損害保険料控除
の3つは源泉徴収票から転載。
(12)配偶者控除(13)配偶者特別控除>
は、配偶者の情報を入力すると、自動的に両方へ入力されます。
(おいらの場合は、この5箇所を入力してイコールとなる)

4.「医療費控除」の入力
「医療費控除」欄をクリック。支払った医療費の合計を入力する画面に展開するが、ここは慌てず、合計を入力する前に「明細書の作成」をクリック。
作成画面になるので、
「医療を受けた人の名前」「申告者との続柄」「病院の所在地・名称」
「治療内容」「支払った医療費」「そのうち保険等で補てんされる金額」
を入力。
だが、ここでかなり悩む。
「平成18年中に支払った医療費について、医療を受けた人ごとに、1治療ずつ入力してください。」
と書いているが、領収書一枚づつ記載しないといけないのか、医療機関ごとにまとめていいのかが分からなかったのです。
ネットでいろいろ検索した結果、結局どっちでもよさげだとわかりました。
領収書一枚づつ入力するのは、気が遠くなりそうなので、合計して記載することにしました。
ここでのポイント
・まず、領収書を「治療を受けた人」ごとに分ける。(←重要!)
・それをさらに、医療機関ごとに分ける。
・それをホチキスでとめておく。
・ホチキス止めしたものを合計して、明細へ記入。

おいらと、嫁ちゃんが○○病院、△△病院、■■病院でそれぞれ受診した場合、たとえばこんな感じになります。
あべっち ○○病院 70,000円
あべっち △△病院  5,000円
嫁ちゃん ○○病院  6,000円
嫁ちゃん ■■病院  2,000円 

明細書を入力し終わると、医療費の合計欄に自動的に記入され、医療費控除額も自動的に計算され入力されます。
領収書は、人毎にクリップか輪ゴムでまとめて、封筒に入れます。
事前に封筒を用意できない場合は、なんでもいいので袋に入れておいて、当日税務署に行った時に封筒をもらって入れ替えるとよいです。
 
5.住民税に関する事項を入力する画面は該当しないのでスルー

6.申告者の住所・氏名・還付金受け取り方法を入力
入金口座は申告者本人名義じゃないとだめ。
 
7.提出方法を選択

8.申告書等の印刷
「印刷画面の表示」をクリックすると、必要な提出書類がすべてPDFファイルで表示されます。親切にも「提出書類等のチェックシート」もついてきます。
そのPDFファイルを保存すれば、書類の電子データをゲットできます。

9.最後に
印刷された「申告書A第一表」に押印。控えには不要。
「申告書A第ニ表」の裏面に源泉徴収票の原本を糊で貼ります。
領収書を入れた封筒の表面に明細書を糊で貼ります。
おいらは明細書が2枚になったので、明細書の上側だけに2枚とも糊をつけて、めくれるように重ねて貼りました。

はい、ここまで。おつかれさまでしたっと。 


(`・ω・´)【メモ】(´・ω・`)
「給与還付申告書」クリックで作成すると、上記手順の「3」がすっぽり省略されます。(「2」の時の入力項目が変わる)
印刷されると、「(6)〜(15)までの合計」には数字入りますが、その内訳の項目は何も記入されません。
提出時には手書きで記入要なのか、確認が必要。
でも手順的には「給与還付申告書」で入力した方が、分かりやすいです。
 
入力を途中で中断したい時は、「入力データを保存する」をクリックすると、それまで入力した情報をファイル化してPCに保存できます。
次回、そのファイルを読み込んで、続きを入力できます。

[参考サイト]
http://happyfu-fu.com/zensoku/seikatsujutsu/moneyplan/shinkokusho.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=7451615


それにしても、めんどくさい orz

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

  • 20:28
  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
                         
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
               
RECOMMEND
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
スキンケア美白