<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BOOCSレポート第九週目 | main | 一期一会 >>
        

 1.はじめに 2.『無呼吸症候群』って知ってる? 3.息がとまる 4.思い込み 5.本当の怖さ 6.きっかけ
 7.無呼吸症候群はこういう病気 8.無呼吸症候群はこういう病気 9.無呼吸症候群はこういう病気
 10.お願いがあります 11.検査ってどんなの? 12.検査ってどんなの? 13.検査ってどんなの?
 14.CPAPについて 15.CPAPについて 16.CPAPについて


 その他、「SAS日記」もよろしくです!

                 

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2007.09.03 Monday

マットに寝るだけ

 
以前、枕型の検査機器のお話をご紹介しました。
 
今度は、シート型。ベッドに敷いてその上に寝るだけで検査できるそうです。
 
「マットに寝るだけでOK 無呼吸症の検査機器開発」
(以下記事抜粋)
*************************************************************************
医薬品卸のスズケン(名古屋市)は22日、居眠り事故などの原因として社会問題にもなっている睡眠時無呼吸症候群(SAS)について、専用マットに1晩寝るだけで簡単に診断できる医療機器を開発した、と発表した。
(中略)
睡眠中の呼吸による横隔膜の動きなどをマットに敷き詰めた「感圧センサー」で計測する仕組み。記録したデータを専用の解析ソフトが入ったパソコンに読み込むと、無呼吸の回数や時間を調べられる。検査は自宅でも可能という。
(以下略)
*************************************************************************
(北海道新聞HPより)
 
通常、簡易型の検査装置は、呼吸の状態を確認するために、呼吸センサーを鼻に付けたり、胸にバンドを巻いてセンサーを付けたりします。
 
そのセンサーの取り付けを自分(もしくは家族)がしなければならず、センサーが正しく取り付けられているか不安が残っていました。
 
ベッドに敷くだけで呼吸の状態が確認できるのであれば、そういう心配は少なくなるでしょうし、検査する患者側も気が楽です。
簡易検査で付けるセンサーは、あとせいぜい指先にパルスオキシメータを付けるくらいですかね?なくても検査できると思うけど。これなら、気軽に検査できますよね。
 
医療機関へ9月から販売を開始したとの事。価格は70万円だそうです!!
患者へ貸し出す金額は5,000〜8,000円くらいになりそうとの話も・・。
 
なんか、高いね・・・。 
 
ま、普及すれば、今の簡易検査くらい3〜4千円程度で済むようになるんですかね。
 
なんにしても、ちょっと期待大です。
 
《参考サイト》
・スズケン
・デンソー
 

2014.11.03 Monday

スポンサーサイト

  • 23:28
  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
睡眠時無呼吸症候群 簡易 検査
「いびき」と睡眠障害につきまして。「いびき」と睡眠障害につきまして。昔からなのですが、睡眠時の「いびき」が、とてもヒドクて睡眠障害のような気がしてなりません。30代半ばの男性ですが、どうも、起きてもスッキリしておらず、かなり起きても眠いです。日中は現場
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 2007/09/10 12:25 PM
                         
ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
               
RECOMMEND
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
スキンケア美白